現在の位置

データで見る伊根町の水産

伊根町の漁獲

平成27年の漁業種類ごとの漁獲

大型定置網  2531.0トン  50,946万円
小型定置網     21.3トン    1,332万円
刺網               11.5トン      714万円
桁網                 5.4トン      406万円
延縄・一本釣    57.5トン   5,419万円
たこつぼ          10.5トン      758万円
採貝・採藻      34.1トン    2,545万円
ブリ養殖         35.1トン    4,216万円
その他の漁業    1.6トン       125万円

合計            2708.0トン  66,461万円

ただし、クロマグロ養殖は含んでいません。

平成27年の魚など種類ごとの漁獲

いわし類        661.5トン   2,319万円   漁獲量1位
ぶり類           555.0トン 19,195万円   漁獲量2位、漁獲金額1位
あじ              512.8トン   4,453万円   漁獲量3位、漁獲金額3位
さわら           174.5トン   7,366万円   漁獲量4位、漁獲金額2位
かつお           113.5トン   1,206万円   漁獲量5位
とびうお          68.0トン      829万円
しいら             63.5トン      462万円
かます            55.3トン    1,083万円
さば               51.4トン       822万円
たい               40.0トン    2,539万円
すすき            14.6トン      712万円
あまだい        13.3トン     2,876万円  漁獲金額5位、1kgあたり単価2位
まぐろ           11.0トン     2,896万円   漁獲金額4位、1kgあたり単価1位
ひらめ             9.8トン     1,006万円   1kgあたり単価5位
めぬけ・めばる類 9.3トン    955万円   1kgあたり単価4位
かじき             4.3トン       510万円   1kgあたり単価3位
かれい            2.3トン         61万円
たちうお         1.3トン         32万円
さんま            1.0トン         10万円
たら               0.9トン         45万円
その他魚     193.1トン     6,308万円

魚小計     2,556.4トン   55,685万円

あわび            1.1トン       489万円
さざえ          26.4トン    1,566万円
その他貝         0.1トン          6万円

貝小計          27.6トン     2,061万円

するめいか    24.8トン       818万円
その他いか    72.6トン    5,963万円
たこ             13.1トン       955万円
えび              0.0トン           2万円
なまこ           9.0トン       642万円

水産動物小計 119.5トン  8,380万円

わかめ             0.4トン      143万円
のり                0.0トン       15万円
その他海藻       4.1トン      177万円

海藻小計         4.5トン      335万円

合計           2,708トン  66,461万円

ただし、クロマグロ養殖は含んでいません。

営まれている漁業の種類

定置網漁業

 日本海沿岸の魚の通り道に網を設置、固定して、回遊性のあるアジ、イワシ、サバやブリ、またイカやタイなども漁獲します。
 現在、伊根浦漁業株式会社、新井崎水産有限会社、蒲入水産有限会社の3社により4漁場で8ヶ統の大型定置網が敷設されています。

 他にも、規模の小さい小型定置網があり、個人で操業されています。

大型定置網の構造の説明画像

釣り漁業

 一本釣り、延縄(はえなわ)の種類があり、伊根町内では個人で行われています。主に、アカアマダイ(丹後ぐじ)、ノドグロなどの高級魚をはじめ、マダイやレンコダイなどを狙います。

はえなわ漁業の構造の説明画像

【WHAT IS アカアマダイ?】

アカアマダイ(ぐじ)のイラストと写真

 京都では「ぐじ」とも呼ばれます。タイと名前にありますが、マダイの仲間ではありません。いわゆる「あやかり鯛」の1つですが、単価はマダイより高く、高級食材として扱われます。
 額が出っ張っており、全身はピンク色で、尾びれに黄色の縦じまがあります。割と臆病なさかなで、水深60~300メートルの砂泥海底に自分でパイプ状の巣穴を掘り生活しています。
 白身のやわらかい肉質なので、塩でかるくしめて塩焼きなどでいただきます。上品な美味しさは京料理にかかせない食材となっています。

養殖業

 ブリ、マダイ、カンパチ、ヒラマサなどの養殖は、伊根湾の内外に円形イケスを設置し蓄養されています。品質が高く安定供給できることが大きな利点です。近年ではアワビや岩ガキの養殖も行われ、また、試験的にトラウトサーモン、ムール貝の養殖も行われています。企業によるクロマグロの短期畜養は高く評価され、全国チェーン店での取扱いがあるなど注目を集めています。

つくり育てる漁業

その他の漁業

 沿岸の浅い磯では、船から箱めがねで覗きながらかぎやかまなどを使って貝類や海藻などをとる水視漁業や、船で網を引き海底のエビやナマコなどをとる桁網漁、刺網やたこつぼ、もんどりカゴ漁なども個人で行われています。