現在の位置
  • ホーム
  • 緊急情報
  • 【農林水産事業者向け】新型コロナウイルスに関する支援策について

【農林水産事業者向け】新型コロナウイルスに関する支援策について

更新日:2020年9月15日

1.高収益作物次期作支援交付金

新型コロナウイルスの影響による需要の減少により、市場価格が低迷するなどの影響を受けた高収益作物(野菜、花き、果樹、茶等)について、次期作に前向きに取り組む生産者に対し、支援金を交付します。

○対象者

令和2年2月から4月の間に野菜、果樹、花き、茶の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
※5月以降に出荷を開始した場合の支援対象については、国から追加公募があった場合お示しします。

○支援内容その1

高収益作物の次期作に向けた取組に対して、次のとおり支援します。
(1)基本単価 5.5万円/10a
(2)施設栽培のうち高集約型品目の単価
・施設栽培の花き、大葉及びわさび 80万円/10a
・施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう 25万円/10a
(3)取組例
・生産流通コストの削減の取組
・種苗、肥料、農薬等の資材の購入
・土壌改良資材の投入

○支援内容その2

次期作に向けた以下のいずれかの取組を行う場合に、取組ごとに10a当たり2.2万円を支援します。
・新たに直販等を行うためのHP等の整備
・新品種・新技術の導入等に向けた取組
・海外の残留農薬基準への対応又は有機農業・GAP等の取組

○支援内容その3

花きや茶等の高品質なものを厳選して出荷する取組に対して取組を行った人数や日数に応じ、1人1日あたり2,200円を支援します。

(取組例)
・フラワーネット張りの調整
・芽かき、摘花、整枝
・被覆作業の実施

※各支援内容の詳細については、以下のファイルをご覧下さい。

○申請手続き等

事業要件や取組内容の確認等をさせていただきますので、まずは地域整備課農林水産係まで御連絡ください。

○申請期限

未定(随時受付)
※国から公募締切期間が示された際にお示しします。

高収益作物次期作支援交付金のご案内(PDF:1.3MB)

交付金取組例(PDF:297.2KB)

2.持続化給付金

新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金(法人200万円、個人事業主100万円)を支給します。農林漁業者の皆様も対象となりますので、詳細は以下のファイル等をご覧ください。

持続化給付金パンフ(R2.5.9)(PDF:2.5MB)

持続化給付金

3.農林漁業セーフティネット資金等の特例措置

日本政策金融公庫 農林水産事業において、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農林漁業者等の皆様が事業継続のために必要とする資金について、特例措置が設けられています。詳細は、以下のファイル等をご覧ください。

コロナ特例措置リーフレット(PDF:332KB)

新型コロナウイルスに関する相談窓口(農林水産事業)

4.その他支援制度等

上記のほか国や京都府における支援制度等に係る情報は以下のリンクをご参照ください。

農林水産省HP

京都府HP

お問い合わせ先
地域整備課農林水産係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-0505
ファックス:0772-32-0447

お問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。