現在の位置

障害者控除・おむつ代医療費控除について

要介護認定を受けておられる方の「障害者控除認定」について

65歳以上の要介護認定を受けている方で、障害者手帳等の交付を受けていない方のうち、申請をして「障害者に準ずる」と認定された方については、町より「障害者控除対象者認定書」を交付します。この認定書を添えて申告して頂くと、所得税や町府民税の計算上「障害者控除」として一定の金額の所得控除を受けることができます。

 

認定の申請対象者

申告該当年の末日(12月31日時点)に65歳以上の方で、介護保険の要介護認定を受けている方のうち、障害者手帳等をお持ちでない方。

認定の目安

介護保険制度の要介護認定を受けておられる方のうち、次のような状態にある方。

・屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッドの上での生活が主体であるが、座位を保てる程度。また、1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要する。

・日常生活に支障を来すような症状や行動、意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とする。

認定申請の手続き

該当すると思われる場合は、保健福祉課へ申請してください。

※印鑑を持参してください。

(郵送での申請も可能です)

申請書(PDF:58KB)

要介護認定を受けておられる方の「おむつ代医療費控除」について

要介護認定を受けておられる方で、前年度にもおむつ代について医療費控除を受けておられ、申請をして「おむつが必要」と認定された方については、町より「おむつ代の医療費控除の証明」を交付します。この「おむつ代の医療費控除の証明」を添えて所得税や町府民税の申告をすると、税の計算上「医療費控除」として一定の金額の所得控除を受けることができます。

 

申請対象者

次の全てに該当する方。

  1. 前年度にもおむつ代について医療費控除を受けておられる方。
  2. 介護保険の要介護認定を受けておられる方。(12月末時点)

認定の目安

介護保険制度の要介護認定を受けておられる方のうち、次のような状態にある方。

・屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッドの上での生活が主体であるが、座位を保てる程度。また、1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替えにおいて介助を要する。

認定申請の手続き

該当すると思われる場合は、保健福祉課へ申請してください。

※印鑑を持参してください。

(郵送での申請も可能です)

<注意>

今回、初めて“おむつ代医療費控除”を申請される方は、かかりつけの医療機関で控除の証明を受けてください。

確認申出書(PDF:77.1KB)

地図情報

お問い合わせ先
保健福祉課地域包括支援係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-3041
ファックス:0772-32-3032

お問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。