現在の位置

40歳~74歳のみなさまへ 特定健診・特定保健指導を受診しましょう!

  厚生労働省の調査によると、お腹のまわりの脂肪のつく内臓脂肪型肥満に加え、脂質異常、血圧高値、高血糖の危険因子を複数あわせもつ、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状態または予備軍の人は、40歳〜74歳の男性で2人に1人、女性で5人に1人といわれています。重なる危険因子の数が多ければ多いほど、命にかかわる心臓病や脳卒中を発症する危険が高まります。
  そこで、40歳〜74歳の医療保険加入者(家族を含む)を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診と保健指導が実施されることになりました。
  いつまでも健康でいるためには、予防が何より大切です。健診をみなさまの健康づくりにお役立てください。

特定健診、特定保健指導のポイント

1. 40歳〜74歳の方は、加入している医療保険者が行う健診・保健指導を受けます。


   平成20年4月からは、医療保険者の責任で40歳〜74歳の方の健診・保健指導を行うことが義務づけられました。そのため、対象者の方は、加入している医療保険者が指定する健診機関で受診することとなります。
 

 

2. 健診・保健指導を医療保険者が行うことで、継続した健康管理ができます。

  健診結果のデータは原則として医療保険者が保管するため、健診後に行われる生活習慣改善のための保健指導も過去のデータを踏まえて行え、継続した健康管理が可能になります。医療保険者が健診の実施主体となることで、健診を受けていない人の把握や、健診や保健指導のデータ分析がしやすくなるのです。また、健診・保健指導の効果が医療費にどう反映されるかもチェックできるようになります。
  さらに、健診項目やみなさまに手渡される健診結果の様式も統一され、転職・転居などで加入する医療保険が変わったときでも健診結果の経過を継続して見られるのです。また、本人が希望すれば、健診データを前の保険者から次の保険者に移してもらえます。

3. メタボリックシンドロームを見つける新たな検査項目が加わります。

  メタボリックシンドロームのベースとなる内臓脂肪型肥満がある人は、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病になりやすいことがわかっています。
  そこで、新しい健診には内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定やLDLコレステロールなどの項目が加わり、メタボリックシンドロームの該当者・予備群をいち早く見つけられるようになります。

 

 

 

必須項目

(内臓脂肪蓄積)
ウエスト周囲径* 男性 ≥ 85cm 女性 ≥ 90cm

選択項目
3項目のうち
2項目以上

 

 

1.

高トリグリセリド血症 ≥ 150mg/dL
かつ/または
低HDLコレステロール血症 < 40mg/dL

2.

収縮期(最大)血圧≥ 130mmHg
かつ/または
拡張期(最小)血圧≥ 85mmHg

3.

空腹時高血糖≥ 110mg/dL

4. 専門家から健康状態に応じたサポートが受けられます。

  健診を受けることは、今自分がどういう状態にあるのかを知り、自分の生活習慣を見直すよいきっかけです。しかし、健診を受けただけでは何の意味もありません。
 新しい健診では健診後のサポート体制が充実し、より必要としている人がより必要なサポートを受けられる仕組みになっています。
  具体的には、食生活や運動といったそれぞれの分野の専門家が、一般的な食生活や運動方法を押しつけるのではなく、各人のライフスタイルにあった目標を立てるアドバイスを、個別面接や電話など、さまざまな方法で行ってくれます。
  これにより自分の生活習慣の問題点が見え、自分なりの健康づくりをしていけるのです。

  内臓脂肪蓄積のリスクのある人は、生活習慣改善のためのサポートを、専門家(医師、保健師、管理栄養士等)から受けられます。健診後のサポート体制として、次の3つの保健指導があります。

1.情報提供(健康な人も含めすべての人)

問診や健診結果をもとにした生活習慣の見直しや生活習慣改善に必要な情報を得られます。

  • 健診結果の読み方
  • 具体的な健康づくりの方法
  • 健康づくりのサークルや施設などの紹介 など


 

2.動機づけ支援(メタボ予備軍という人)

健診結果から今の生活習慣を振り返り、生活習慣改善の必要性を理解した上で、専門家のサポートを受けながらすぐに実行できる目標を立てます。
 

初回:1人20分以上の個別面接または1グループ80分以上のグループ支援

 

6ヵ月後:電話などによる健康状態や生活習慣の確認

 

3.積極的支援(メタボに該当という人)

初回面接で内臓脂肪の減量のための行動目標を立て、一定期間、専門家のサポートを受けながら健康づくりを継続していきます。
 

初回:1人20分以上の個別面接または1グループ80分以上のグループ支援

3ヵ月以上の継続的な支援
(個別面接、グループ支援、実技、実習など)
行動計画の実施状況の確認を行い、目標設定の見直しを行う

6ヵ月後:電話などによる健康状態や生活習慣の確認

 

新しい健診・保健指導をあなたの健康づくりに役立てよう。

  現在の健診・保健指導は、個別の病気の早期発見・早期治療が目的となっています。そのため、健診後の保健指導は、高血圧や高脂血症、糖尿病、肝臓病などの個別の病気について「要指導」や「要治療」となった人が対象です。
 近年、生活習慣病にかかる医療費が全体の約3割を占め、医療保険財政に大きな影響を与えています。これにより引き上げられる保険料を抑えるためにも、生活習慣病予防が重要です。
  そのため、新しい健診では、メタボリックシンドロームをはじめ、生活習慣病予備群の人に早くから保健指導を行うことで、増え続ける生活習慣病を食い止めようとしているのです。
  今後は、みなさまの生活習慣病予防にいっそう取り組んで参ります。みなさまもぜひ、新しい健診・保健指導を活用し、積極的に健康づくりに取り組み、いつまでもイキイキと過ごしてください。
 

お問い合わせ先
保健福祉課健康増進係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-3031
ファックス:0772-32-3032

お問い合せはこちら