現在の位置

農業委員会からのお知らせ

農業委員会への申請・届出について

農地は農地法という法律により、その利用方法が定められています。次の場合は農業委員会の許可、または届出等が必要です。
1.農地を売買、贈与するとき
農地法第3条に基づいて申請し、農業委員会の許可が必要です。(許可書がないと登記できません。)

農地を譲り受ける人は農業をする前提なので、現に耕作している農地(自作と賃借の計)と譲り受ける農地の合計が、以下の面積(下限面積)を越えている必要があります。

表 地区ごとの下限面積

(アール) 伊根地区 朝妻地区 本庄地区 筒川地区
下限面積 10 10 10 10

 

2.農地を転用するとき
転用とは農地を宅地などの他の用途に使用することを言います。この場合、農地法第4条又は第5条に基づいて申請し、農業委員会等の許可が必要です。無許可で転用した場合、また許可を受けたが許可内容と異なる転用をした場合などは、法律に基づき罰則が科せられる場合があります。また場合により原状回復の指導が行われます。
ただし、自己所有農地において、農業のために必要な施設(水路・農道・農作業小屋など)で200平方メートル未満の転用であれば、農業委員会への届出で転用できます。
いずれの場合にも、着手する前に必ず農業委員会に相談してください。

3.農地を貸借したいとき
農地法3条に基づく許可(賃借)を取る方法や農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定(賃借)をする方法があります。耕作者がいない、見つからない状況だが農地を貸したいという方は、農地の借り手を農地中間管理機構にして、耕作者を探してもらう方法もあります。農地を耕作目的で賃借したい場合は、まず農業委員会にご相談ください。

4.相続で農地を取得したとき
相続で農地を取得した場合は農地法第3条の3第1項に基づき、農業委員会へ届出をしてください。許可は不要です。

農業委員会に許可申請をされた案件については、毎月原則8日(変更あります)に開かれる総会で審議されます。前月25日(休日の場合はその翌平日)が締め切りですが、できるだけ事前に相談、また書類の提出をお願いします。

平成29年度農作業日雇賃金及び機械作業料金の標準額

平成29年度農作業日雇賃金及び機械作業料金の標準額(PDF:41.9KB)

農業委員会総会議事録について

平成29年の総会議事録について公開しています。

第1回総会議事録(平成29年1月13日)(PDF:124.4KB)

第2回総会議事録(平成29年2月10日)(PDF:182.9KB)

第3回総会議事録(平成29年3月10日)(PDF:189KB)

第4回総会議事録(平成29年4月10日)(PDF:149.3KB)

第5回総会議事録(平成29年5月12日)(PDF:161KB)

第6回総会議事録(平成29年6月30日)(PDF:122.1KB)

第7回総会議事録(平成29年7月24日)(PDF:177.1KB)

委員会活動の点検・評価および活動計画

平成28年度活動計画(PDF:123.9KB)

平成28年度活動評価(PDF:146.6KB)

平成29年度活動計画(PDF:124.3KB)

農地台帳及び農地に関する地図の公表について

伊根町農業委員会では、農地に関する情報の活用の促進を図るため、農地に関する情報の提供の一環として、農地台帳に記録された事項(個人情報を除く)を公表しています。

地図情報については「全国農地ナビ」にて閲覧することができます。これは全国農業会議所が、農地法に基づき全国一元的なシステムとして整備したものです。
利用者は、全国の農地情報を横断的に検索・閲覧することができます。
(注)農地ナビに関する不明な点があれば、全国農業会議所にお問い合わせください。
 

最新の個別農地情報につきましては、下記「農地台帳公開用データ」をご利用ください。

農地台帳公開用データ(PDF:1.7MB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。