現在の位置

災害時の食に備えよう

大規模な災害が発生すると、身の回りではどのようなことが起こるのでしょうか?

  • 水、電気、ガスなどのライフラインが途絶えます!
  • 道路が寸断されます!

以上のような状況になると、食料品の確保が困難となるため、日頃からの備えが大切です。

家庭で手軽にできる備蓄や災害時の食事の工夫を紹介します。

備蓄のポイント

  1. 災害が発生した時のために、3日分程度の食の備えをしましょう。
  2. 1次持ち出しと2次持ち出しに分けて備蓄を準備しましょう。日頃よく利用する長期保存可能な食品を買い置きすると便利です。
  3. 家族構成や状況(乳幼児、高齢者、食物アレルギー、食事療法を受けている方 等)に応じた備蓄を考えましょう。

具体的な備蓄食品

■1次持ち出し

いざという時の緊急持ち出し用の備蓄。すぐに持ち出せる場所に保管しましょう。

具体例 飲料、飴や栄養補助食品等の手軽に食べられるもの、懐中電灯、ラジオ、常備薬、現金、緊急連絡先 等

■2次持ち出し

災害が長期化した場合の備蓄。日頃の食事にも利用しながらサイクル保存しましょう。

具体例 飲料、主食類(米・粥)、主菜類(レトルト食品、缶詰)、副菜類(即席汁物、野菜)、その他(飴、チョコレート 等)

 

 

 

「災害時の食に備えよう」リーフレット

詳細についてはこちらのリーフレットをご覧ください。

災害時の食に備えよう(PDF:957.9KB)

災害時の食に備えようPart2~備蓄食チェックリスト編~(PDF:936.6KB)

災害時の食に備えようPart3~非常時の体調管理編~(PDF:1MB)

災害時の食に備えようPart4~備蓄食活用編~(PDF:876.7KB)

災害時の食に備えようPart5~食物アレルギー編~(PDF:1MB)

災害時の食に備えようPart6~備蓄食を活用した献立編~(PDF:1MB)

外部リンク

より詳しい情報を知りたい方は、丹後保健所へお問い合わせください。

丹後保健所

お問い合わせ先
保健福祉課健康増進係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-3031
ファックス:0772-32-3032

お問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。