現在の位置

北朝鮮人権侵害問題啓発週間について

12月10日から16日までは「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です

1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人が不自然な形で消息を絶ちました。
これらの事件の多くは、北朝鮮による拉致の疑いが持たれています。
北朝鮮による日本人拉致問題は、国民の生命と安全に関わる重大な人権問題です。
この問題の解決には、日本政府が国際社会と連携しながら取り組んでいくことが必要であるとともに、私たちは、大切な家族と引き裂かれ30年以上たった現在も苦しんでいる人がいることを忘れることなく、解決を望む強い意志を北朝鮮に伝えていかなければなりません。そのためには「一人ひとりの声」が不可欠です。

拉致問題啓発用ポスター1


 

拉致問題啓発ポスター2

○署名活動について
拉致問題の早期解決のため、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)」及び
「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」による署名活動が行われています。署名活動にご協力いただける方は、以下のアドレスから署名用紙をダウンロードし、署名された原本を下記の送付先まで郵送してください。

送付先 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)

署名用紙ダウンロード