現在の位置

日本で最も美しい村

特定非営利活動法人「日本で最も美しい村」連合に加盟

平成20年10月7日(火曜日)、徳島県上勝町で特定非営利活動法人「日本で最も美しい村」連合の第4回総会が開催され、伊根町の加盟が承認されました。
この「日本で最も美しい村」連合は、加盟町村のほか、ポテトチップスなどのカルビーや、博報堂などの企業サポーター、個人会員などから成り立っており、サポーターの技術や知恵の提供を受け、観光などを軸に補助金に頼らない地域振興を図るものです。
連合はどの村でも加盟できるものではなく、概ね次の条件をクリアすることと、資格審査を受け、100点中70点以上を獲得しなければなりません。また、加盟後も資格を失った場合は退会になるなど、質を重視した基準になっています。

特定非営利法人「日本で最も美しい村」連合とは

  この連合は、フランスで行われている「フランスで最も美しい村」活動をお手本に、小さくても素晴らしい地域資源を持つ村の存在や、美しい景観の保護などを 目的に、2005年10月に発足しました。この活動は日本のほかに、ベルギー、イタリア、ドイツ、カナダなど世界中に広がっています。

NPO法人「日本で最も美しい村」連合

日本で最も美しい村

加盟条件

  • 人口が概ね1万人以下
  • 人口密度が1平方キロメートルにつき50人以下
  • 景観、環境、文化の分野のいずれかで際立った地域資源が2つ以上

  1.地域資源が存在すること
  2.地域資源の持続的な活用へ努力が払われていること
  3.条例などの公的手段により地域資源が保護されていること

伊根町の地域資源

 北海道美瑛町をはじめ、世界遺産合掌造りの岐阜県白川村や黒川温泉の熊本県南小国町、彩り事業の徳島県上勝町など10町村1地域に、伊根町、高知県馬路村など7町村が新規加盟しました。

 伊根町は、「伊根浦舟屋群」の景観と、300年余りの伝統を持つ「亀島区祭礼行事」の2つの地域資源で申請し、その素晴らしさが認められ承認されました。舟屋群や船屋台などの祭礼行事の保存を図るとともに、交流産業の活性化など、観光を軸とした地域振興を図っていくことが必要です。地域資源を守ること、地域資源をさらに魅力あるものにすることが、地域を永続的に残すことに繋がります。伊根町も今や全国にその名を広げてきており、今後益々増加するであろう観光客に、もてなしの心を持って接する、新たな交流事業を推し進めるなど、地域の皆さんの自発的なご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先
企画観光課企画係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-0502
ファックス:0772-32-1333

お問い合せはこちら