現在の位置

(5月22日発表)新型コロナウイルス感染症拡大防止、予防対策実施のお願い

伊根町へ来町を予定されている皆様へ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため

御来町いただく皆様には徹底した感染対策に

御協力と御理解をお願いします。

 

   新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策ため伊根町においては、緊急事態宣言期間中の御来町と御帰省の自粛をお願いしてきました。

  皆様の御協力によりまして、ゴールデンウィーク期間(4/29~5/6)の来町者は前年比で大きな減少となりましたことをお知らせするとともに来町自粛に対し御礼申し上げます。

伊根浦公園(観光案内所) ↓88%
道の駅 舟屋の里 伊根 ↓96%
※「Wi Fiパケットセンサー」による海の京都DMO調べ

 

  今回、緊急事態宣言が解除されたことで、町内の多くの施設が経済活動を再開し、それに併せて伊根町への来訪を予定される方々も増加することが見込まれます。

  新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防は、いわゆる「三密」を避けることが重要とされていますが、三密の状態でなくとも「マスクの着用」「手指消毒の徹底」などの各個人の感染予防の取組みが求められています。

  町内における感染リスクを増大させないため、観光施設では、施設管理者それぞれが感染防止措置を講じますので、来訪いただく皆様におかれましても御協力をお願いいたします。

  店舗によっては、三密対策として席数の縮小やソーシャルディスタンスの徹底、そして、従業員の感染予防のための飛散防止対策が実施され、御不便をお掛けすることがあるかもしれません。

  京都府を含む関西圏の緊急事態宣言は解除されましたが東京都はじめ5都道県では未だ宣言は継続されており、新型コロナウイルス感染症が収束したものではありません。

  関西3府県は不要不急の帰省や旅行など府県をまたぐ移動の自粛を呼びかけられている状況で、伊根町は感染症に罹患すると重症化しやすいといわれる高齢者の割合が京都府下でも一番高く、感染症に対応できる医療機関もありませんので、町民も各々において今まで以上に感染予防対策を心がけ、自ら予防対策を講じることで感染リスクを軽減するよう努めていますので、来訪者の皆様におかれましても感染防止対策の徹底と町内施設の取組みに御理解いただきますようお願い申し上げます。

  このウイルスとは長い闘いとなることが予測されます。第二波は必ずくると言われています。

  この小さな町、伊根町における感染予防は、町民とともに来訪者の皆様それぞれが行う対策が大きな効果を発揮します。

  感染症が再び拡大した場合には、再度の緊急事態宣言の発出も予想され、そのような事態になると地域に大きな影響を及ぼします。

  人の往来が、より活発化していく今後においても気を緩めることなく、再開した経済活動の場からクラスターを発生させないよう徹底した感染予防に御理解、御協力をお願いします。

  緊急事態宣言の解除に併せて、町営駐車場の閉鎖や漁港施設の立ち入り自粛なども解除しますが、こういった施設においては、今までどおりマナーを守った利用をお願いいたします。

  閉鎖中においても、立入禁止を無視した侵入、駐車場の不正利用、道路上の駐車違反、迷惑駐車など数多くのマナー違反を確認しており、そういった行為がこの緊急時事態宣言解除とともに増加しないことを願っています。

  ルール違反が多発する場合には、感染症に関係なく施設の閉鎖を検討せざるを得ません。

  そのような措置を避けるためにもモラルをもった利用をお願いします。

  伊根町の農業、漁業、観光業は、新型コロナウイルス感染症により大きな影響を受けています。

  伊根町にお越しいただき観光消費をしていただくことも大きな支援となりますが、伊根町にお越しいただけない方々におかれましても、ふるさと納税などにより伊根町を引き続き応援いただきますようお願いいたします。

  第6次伊根町総合計画では、「みんなで創る ええまち」を目標像に掲げ、暮らす人、訪れる人、つながる人の伊根町に関わるすべての人が幸せを感じられるまちづくりを目指しています。

  新型コロナウイルス感染症が収束した際には、再び活気のあるまちづくりが進められるよう、今は感染症予防対策に取り組んでまいります。

 

伊根町ふるさと応援寄附金について