現在の位置

経過措置

平成29年4月条例施行では、禁止地域の指定など、その内容が多岐にわたるため、経過措置期間を設けています。

伊根浦伝統的建造物群保存地区における経過措置

京都府屋外広告物条例のもと許可をうけている広告物

現在、京都府屋外広告物条例のもと、許可を受けている広告物は、許可期間の間は、そのまま掲出することができます。その期間を過ぎれば、新条例の基準に適合させる必要があります。

許可を取得していない広告物がほかにある場合、変更の許可を取得せずにデザイン等を変更してしまっている場合、更新の許可を取得せず許可期間が満了している場合は、経過措置の適用が受けられないことがあります。これらの場合は、速やかに下記問い合わせ先にご連絡ください。

京都府屋外広告物条例に基づく許可が不要な広告物

一定規模以下の自家用広告物等(自己の店名や事業名等)であれば、京都府屋外広告物条例に基づく許可は不要となっていますが、伊根町屋外広告物条例では許可が必要な場合があります。この場合、平成29年4月1日から5年以内に許可を取得してください。5年を過ぎると条例違反となりますのでご注意ください。

京都府屋外広告物条例に基づく許可が必要であるのに許可を取得していない広告物

経過措置の適用を受けることができませんので、速やかに許可を取得してください。既存の広告物について許可を取得する場合、安全点検等が必要になりますので、お近くの広告業者にご相談ください。

京都府屋外広告物条例の規定に違反している広告物

経過措置の適用を受けることができず、また許可も取得することができませんので、速やかな是正が必要となります。

お問い合わせ先
企画観光課商工観光係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-0502
ファックス:0772-32-1333

お問い合せはこちら