現在の位置

法務省などの名称を不正に使用した架空請求はがきについて

 最近、伊根町内で、「総合料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」等と題した架空請求ハガキが送付される事案が発生しました。受取人の不安をあおり、連絡するよう差し向け、プリペイドカードを使用させて金銭を騙し取る手口です。

また差出人は、「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」「法務省管轄支局 民間訴訟告知管理センター」「法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター」等と記載されていますが、これら団体と法務省とは一切関係ありません。

上記以外に似た名前の業者から架空請求が行われている場合もありますのでくれぐれもご注意ください。

架空請求の対処法

一切支払わない

一度支払ってしまうと相手に目をつけられ次々に新たな請求が続きます。支払い終わっているにもかかわらず、追加料金などと称して請求してくる場合があります。小額であっても、身に覚えのない請求に応じてはいけません。

絶対連絡しない

電話番号などの個人情報が知られ、電話やメールなどで勧誘や請求が来る恐れがあるので、絶対に連絡してはいけません。

名称などに惑わされない

公的機関や債権回収業者と間違えるような名称が多く使われます。また実在する公的機関や弁護士名を騙る場合などもありますので、それらしい名称の業者からの連絡でも慌てないでください。困惑してしまうと相手の思うつぼです。

裁判の通知がハガキで来ることはありません

裁判所からの通知がハガキで来ることはありません。必ず「特別送達」と記載された裁判所名入りの封書で、郵便職員が名宛人に手渡しします。

裁判所からと思われる文書が届いたときは相談する

全国で数件ですが、裁判制度を悪用した手口が発生しています。小額訴訟などの正式な裁判所からの通知を無視すると、不利な判決となる恐れがあります。裁判所からと思われる文書(ハガキではなく「特別送達」と記載された裁判所名入りの封書)が届いた場合は、迷わず最寄の駐在所か消費生活センターへ相談してください。

特別送達

裁判所から「支払督促」や「小額訴訟の呼び出し状」が送られる場合には、「特別送達」という特別な郵便により送付されることとなっています。この特別送達は、「特別送達」と記載された裁判所の名前入りの封書であり、郵便職員が名宛人に手渡すのが原則で、ハガキや普通郵便のように郵便受けに投げ込まれることはありません。そして郵便職員から受け取るときは、「郵便送達報告書」に受け取った人の署名又は押印をするよう求められます。

悪質なときは迷わず警察に連絡する

脅されたり、直接回収に来た場合など、悪質な請求があったときは、すぐに警察に連絡してください。

 

外部リンク先

法務省ホームページ

架空請求に関する情報