現在の位置

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区における伝建物を活用した交流促進、産業振興並びに地域活性化事業(設計者募集)

【7月3日更新】

本プロポーザルについて、多くの事業者から問い合わせ等をいただいており、想定以上の応募があることが予想されますので、受付をスムーズに行うため応募方法及び提出部数を次のとおり変更します。

提出方法、部数

  • 正本(実印を押印したもの) 1部      …       郵送又は持参
  1. 様式第1号、様式第2号及び様式第4号は、A4版で作成し三様式をホッチキス止めする。
  2. 様式第3号は、A4版又はA3版とし、A3版で作成した場合でも折り込みはせず、上記の三様式の最後部にクリップ止めする。
  3. 提出期限について、変更はありません。
  • 写しは送付せず、全様式のPDFデータを次の要領で送信する。
  1. 送信先アドレス     propo@town.ine.lg.jp
  2. 送信件名             伊根町プロポ応募_(応募者名) 
  3. PDFファイル名      様式毎のファイルで「様式第〇号_(応募者名)」とする。
  • 5MBを超える添付ファイルは、セキュリティの都合上、受け取りができない場合がありますので、その際は、送信を2回に分けるかZip形式での圧縮をお願いします。
  • 社内規定等でデータの送信ができない場合はその旨の送信をしてください。PDFデータの送信の有無が審査に影響することはありません。ただし、交渉権者となった場合には、データの提出をしていただきます。

【7月2日更新】

別途、募集を行っていました運営者について、交渉権者を決定しました。

設計にあたっての参考資料とするため、交渉権者となった事業者の提案のうち、店舗コンセプト、施設利用イメージの概要を公開します。

※この資料は、概要であり、提案書の全文ではありません。

※この資料は、設計者の提案を拘束するものではなく、あくまで「資料」の一つとして提供するものです。

・店舗のコンセプト、施設利用の全体イメージ

  •  伝建物であるこの施設を保存することが最重要の使命である。
  • 町の景観条例、屋外広告物条例をしっかり理解し、過度な屋外広告物は避けるとともに光の調和など町並みに馴染む店づくりを意識する。
  •  漁業や伊根町の歴史的な雰囲気を維持させるものの、できる限りバリアフリーへの配慮も検討する。
  •  コンセプトは、その日水揚げした新鮮な魚が食べられる和食が中心の飲食店。
  • 伊根町の水産業の活性化につながる店舗を目指す。
  •  魚のみならず、他の食材も町内産を積極的に使用することで、地元産材の消費拡大を促す仕組みを目指す。
  •  観光客だけでなく、自治会の宴会や祭り事の直会、法事の会食など、町の人たちのニーズにも対応できる店舗とする。
  • 新型コロナウイルス感染症対策のため「新しい生活様式」の実践が求められる中、まずは、多くの席数は求めず、夜については10組程度がゆっくりと利用できる席数とする。
  •  カウンター席も数席用意して、おひとり様、一見様の利用にも配慮したい。併せて、施設前側の庭についてもうまく活用ができる仕組みを検討したい。
  •  施設のメインは食事の提供であるが、空きスペースを活用して水産加工品や町内事業者が生産している産品、伊根町産の特産品・土産物の物販も検討し、伊根町のPRにも力をいれる。
  •  伝建物である建物の地域における本施設の立地をよく理解し、町が進める町並み美化などの施策にも積極的に取り組む。

【2020年6月26日更新】

以下のとおり質疑回答を更新しました。

※質疑については、6月25日(木曜日)で締め切っています。

※CADデータの提供依頼は7月3日(金曜日)まで受付けます。

20200626質疑回答一覧(PDF:295.7KB)

施設内覧結果の公表

6月19日から26日まで対象施設の内覧を行いました。

内覧参加事業者数          30事業者


 

対象物件写真の提供

次のとおり対象物件の写真を提供します。

※本提案に係る資料としてのみ活用願います。

対象物件写真(PDF:715.9KB)

グーグルドライブからダウンロード

【内覧について】

対象施設の内覧を6月19日から25日まで実施する予定としていましたが、非常に多くの事業者からお問い合わせをいただき、予定期間内の枠がなくなりましたので、以下の日時を追加することとしました。

日時 令和2年6月26日(金曜日) 13時から15時まで

※この時間帯の内覧は、合同の内覧します。

※この時間帯の内覧を希望する事業者は、事前に連絡をしてください。飛び込みでの受付はできません。

【2020年6月19日更新】

以下の質疑回答一覧を追加しました。

質疑回答一覧表(PDF:203.4KB)

提供資料‗20200619(PDF:492.2KB)

※既存図面のCADデータが必要な事業者におかれましては、お問い合わせ欄から依頼してください。

1 募集の趣旨

伊根町は、「舟屋を核とした観光振興」を推進しており、観光案内所整備及び観光交流施設の建設等を実施するとともに、町内で新たに商工観光業を起業しようとする方には、開業支援金を交付し民間の起業促進を図っています。

また、その核となる景観を維持するために、平成17年には国の伝統的建造物群保存地区の選定を受け、平成29年4月には伊根町景観条例、伊根町屋外広告物条例を施行したところです。

今回、新型コロナウイルス感染症により町内の商工観光業者はもとより、農林水産業者も大きな影響を受けています。 新型コロナウイルス感染症の拡大が起きるまでの本町の観光業は、町が推進してきた「ゆっくり観光」と台湾をはじめとするアジア圏からの「インバウンド需要」によって観光入込、宿泊者数は大きな伸びをみせていたところであり、収束後における地域経済の回復、そして、更なる活性化には、今まで以上に観光業と農林水産業のコラボレーションが求められています。

このような状況下、収束後における地域経済の回復の起爆剤とするため、寄贈を受けた伊根浦伝統的建造物群保存地区内の建造物(以下、「伝建物」という。)を活用し、建物の保存に併せ、観光振興と農業・漁業の産業振興を一体的に行う飲食施設の整備することとしました。

整備にあたっては、伝建物であるこの建物の設えを残し活かし、また、別途募集している運営を担う事業者の意向を十分に踏まえた施設とすることに併せ、飲食店設計の実績がある民間事業者のアイディアとノウハウを用い、本町の魅力向上と交流促進、産業振興並びに地域活性化に寄与する方策を広く検討するため民間事業者からの提案を募集したうえで実施したいと考えているものです。

本町は応募のあった提案を審査し協議対象とする事業者(以下「交渉権者」という。)を選定したのち、交渉権者と契約締結に向けた詳細協議を行い、合意に至った場合に契約事業者として契約を締結します。

プロポーザル実施要領

【実施要領】伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区における伝建物を活用した交流促進、産業振興並びに地域活性化事業(設計者募集)(PDF:415.1KB)

設計業務特記仕様書(PDF:297.6KB)

伝建物概要(PDF:106.8KB)

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区の概要

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区

2 事業概要

(1)事業の名称

伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区における伝建物を活用した交流促進、産業振興並びに地域活性化事業(設計業務)

(2)契約方式

本町と協議成立後、交渉権者と随意契約を締結します。

(3)業務内容

  1. 交渉権者は、契約に向けて必要な協議・手続き等を行います。
  2. 交渉権者は、本町との契約締結により契約事業者となり、別添、建築設計業務委託特記仕様書に基づく設計業務を行います。
  3. 契約事業者は、改修する建物の耐震診断業務を行います。
  4. 設計にあたっては、伝建物(古民家)であるこの建物の設えを残し活かすことに併せ、施設運営者である事業者の意向を踏まえた施設改修設計(プランニング、基本設計、実施設計)とします。
  5. 既存建物の外観については、伊根町伝統的建造物群保存地区条例修理基準に基づいた改修に係る基本設計を伊根町が実施していますが、契約事業者が実施した耐震診断結果に基づく耐震対策工事を加味したうえで、内部の改修工事と併せた建物全体の設計図書を作成します。
  6. 設計図書に基づき、積算業務を行います。
  7. 建築確認申請関係の手続きを行います。

(4)実施場所

伊根町字平田小字北所105番地

(5)事業費限度額

本業務の限度額は、8,000,000円以内とする。(消費税及び地方消費税を含む。)

(6)改修する建物の概要

既存建物概要:1階床面積 115.26平方メートル、2階床面積 21.70平方メートル

対象施設既存図面(PDF:201.9KB)

(7)改修後の店舗概要

飲食店(昼、夜の営業を行います)

(8)業務期間

契約締結後から令和3年3月31日

3 応募条件

(1)応募者

  1. 応募者は、建築士法(昭和25年法律第202号)第2条の規定に規定する一級建築士、二級建築士又は木造建築士の資格を有し、同法第23条の規定する建築士事務所の登録を行っている法人・個人(以下「有資格者」という)並びに有資格者が所属する団体又は有資格者を含む複数の企業等で構成されるグループ(以下「企業グループ」という。)とします。
  2. 企業グループで応募する場合は、主たる役割を担う代表者を1者選定し、各々の役割分担を明確にしてください。
  3. 応募者は、応募を含むそれ以降の提案に係る協議、契約等にかかる諸手続を行うこととします。

(2)応募者の資格

応募者の資格要件は次のとおりとします。なお、企業グループの場合は、グループとしてこれらの要件を満たす必要があります。

  1. 応募者は、「4(5)提案の提出」に示す提出書類により、本実施要領の内容を充分に遂行できると認められる者であること。
  2. 応募者は、本町との協議・調整に十分な能力を有し、提案に関する契約、事業の実施、諸条件の変更等について柔軟な対応ができる者であること。
  3. 応募者は、提案又は類似事業の実績があること。
  4. 応募者は、提案の実施に関して必要となる資格を有する者であること。

(3)応募者の制限

応募者及び応募者の構成員は次の全ての要件を満たす者とします。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当していないこと。
  2. 会社更生法(平成14年法律第154号)の規定に基づき更生手続開始の申し立てがなされている者、民事再生法(平成11年法律第225号)の規定に基づき再生手続の申立てがなされている者でないこと。ただし、更生計画又は再生計画の認可を受けた場合を除く。
  3. 伊根町暴力団排除条例施行規則(平成23年伊根町規則第4号)に基づく入札参加除外措置を受けていないこと又は同要綱別表左欄に掲げる措置要件に該当しないこと。
  4. 伊根町建設工事等に係る指名停止措置要綱(平成19年伊根町要綱第24号)の規定による指名停止措置を受けていないこと。

(4)応募に関する留意事項

  1. 費用負担 応募に関する全ての書類の作成及び提出に係る費用は、応募者の負担とします。
  2. 提出書類の取り扱い・著作権 提出書類の著作権は、それぞれの応募者に帰属しますが、提出書類は返却しません。本町は提案募集以外の目的で提出書類を使用したり、情報を漏らしたりすることはありません。なお、応募者が契約事業者となった場合、その著作権は本町に帰属するものとします。
  3. 特許権 提案内容に含まれる特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の日本国及び日本国以外の国の法令に基づき保護される第三者の権利の対象となっている意匠、デザイン、設計、施工方法、工事材料、維持管理方法などを使用した結果生じる責任は、契約事業者が負うものとします。
  4. 本町からの提示資料の取り扱い 本町が提供する資料は、応募に係る検討以外の目的で使用してはなりません。また、応募者は、応募にあたって知り得た情報を第三者に漏らしてはなりません。
  5. 町内業者の活用 応募者の構成員又は事業実施に際して業者を採用する場合には、可能な範囲で町内業者を採用するよう努めてください。
  6. 法令等の遵守 提案にあたっては、事前に応募者の責任において関係法令等を確認してください。
  7. 構成員の変更 応募者の構成員の変更は認めません。ただし、本町と協議を行い、本町がこれを認めたときはこの限りではありません。
  8. 提出書類の変更禁止 いったん提出した書類の変更はできません。ただし、提出書類に脱漏又は不明確な表示等があり、かつ、本町が変更を認めたときはこの限りではありません。
  9. 虚偽の記載の禁止 提案に虚偽の記載をした場合は、無効とします。

4 実施スケジュール

(1)日程

提案の受付期間

6月15日(月曜日)から7月17日(金曜日)午後3時まで

審査結果の通知

7月下旬【予定】

(2)質問書の受付及び回答

問合せ期限

6月15日(月曜日)から6月25日(木曜日)午後5時まで

問合せ方法

本事業に関する質問は、任意様式により質問してください。 なお、応募の手続き及び様式等に関する質問は、電話で受け付けます。

回答方法

随時、質問者に回答します。

(3)内覧

6月19日(金曜日)から6月25日(木曜日)

※内覧を希望する場合は、日時の予約してください。

(4)資料

提案の作成のために、当該施設等に関する資料を必要とする場合は、原則としてホームページ等で公表している資料によることとしてください。その他のデータが必要な場合は相談してください。既存の資料で提供できる資料があれば開示します。

  • 既存図面のCADデータは提供できますが、タカの状況未確認など断面も含めて現場採寸したものではありません。(あくまで「資料」としての提供です)
  • 契約時業者となった際には、改めて採寸調査したうえで業務にあたってください。

 

(5)提案の提出

提出期限

令和2年7月17日(金曜日)午後3時まで

提出方法

郵送又は持参

提出先

伊根町企画観光課

提出部数

次の提出書類を正本(実印を押印したもの)ホッチキス留め1部、写し(クリップ留め)5部提出してください。 ※使用する用紙はA4サイズを基本とし、A3用紙を使用した場合は折り込むこと)

  1. 提案書表紙(様式第1号)

提案書表紙(様式第1号)(WORD:15.3KB)

提案書表紙(様式第1号)(PDF:164.6KB)

  1. 提案者概要書(様式第2号)

提案者概要書(様式第2号)(WORD:15.8KB)

提案者概要書(様式第2号)(PDF:157.1KB)

  1. 提案概要書(様式第3号)

提案概要書(様式第3号)(WORD:15.3KB)

提案概要書(様式第3号)(PDF:155.4KB)

  1.  設計業務見積書(様式第4号)

設計業務見積書(様式第4号)(WORD:13.5KB)

設計業務見積書(様式第4号)(PDF:165.4KB)

5 審査

(1)応募資格要件の確認

提案をした者の応募資格要件を確認し、条件を満たす応募者の提案から選定を行います。

(2)交渉権者の選定

総合的に提案を審査し、交渉権者を選定します。なお、不採用となった提案についても、交渉権者との協議不成立の場合に時期をみて本町から提案者に対して協議を申し出る可能性があります。

※評価項目は実施要領をご確認ください。

6 審査結果の通知及び公表

(1)予定日

令和2年8月上旬

(2)結果の通知

審査結果は、文書で通知します。

お問い合わせ先
企画観光課商工観光係
〒626-0493 京都府与謝郡伊根町字日出651番地
電話番号:0772-32-0502
ファックス:0772-32-1333

お問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。